特定の商品の中には女性しか使わない、男性しか使わないものがあります。化粧品と言えば一般的には女性しか使わないでしょう。髭剃りは男性しか使いません。それぞれ男性向け、女性向けもありますが市場は非常に小さくなっています。もし化粧品売り場で販売促進品を用意するとしたら女性向けがいいか男性向けがいいか、どちらでも使えるものが良いかです。これは当然女性が好むものになるでしょう。女性目線でほしいものを配布することでお得に感じてもらえるかもしれません。男女ともに来店してもらえる店でどちらかの性別を意識したものを用意することはあります。名目上はどちらも来ることができますが、女性が多い場合は女性を意識します。美容院は男性が来ることもありますが女性が多いです。男女ともに来るからとどちらにも合わせるとお得感が減少します。

販売促進品であげると喜ぶもの

どこの企業でも自社の売り上げを高めていきたいということを常に考えていますが、こうしたときになにもしなければお客さんはやってくることはないため施策を行っていく必要があります。そこで有効なものとしてあるのが販売促進品の活用になっています。こうしたものを配ることで多くの人は興味を示してきます。無料でもらえるものほど人はもらいたがるものになります。しかしこうした販売促進品をあげるときにどうでもいいものをあげてはいけないです。必ずお客さんの欲しがりそうなものを上げることが、こちらの印象を高めていくために大事です。喜ばれるものとしてあるのはタンブラーです。購入すると意外と高いということがあり、あげると多くの人に喜ばれます。そして他にはボールペンも有効です。普段使う人も多いし、企業側も単価が安く社名を入れられるため宣伝効果も高いです。

配布する時期を考えた販売促進品

あるお店では夏の間だけウェットティッシュを配布しているところがありました。お店の名前が入ったもので、配布するときには夏の間だけ特別にといわれます。いらなければ拒否できますがかさばるわけでもないので普通はそのままもらうでしょう。販売促進品を渡すときには配布する時期を意識することがあります。夏であればウェットティッシュの他うちわなどが良く使われます。街頭などで広告として配布されることも多いです。冬場にもらってうれしいと感じるのは使い捨てのカイロなどになるでしょう。季節に応じたものの注意は季節を外れると効果が減ることです。冬にうちわを配布しようとしても誰も受け取ってくれません。夏だから受け取ってくれます。ある時期を過ぎて余ってしまうと次の年まで使えなくなるので在庫を抱えたり、配布しきれずに損になることがあります。