外出先で涼を得るために、扇子は欠かせない必需品になっています。インターネット通販のお店では素敵な色合いの布製の商品や、紙製の商品が揃っているので、気に入った商品が見つけやすくなっています。オリジナルのデザインの商品を購入したい人には、経験豊富なデザイナーが在籍をしているので、希望に合った商品を作ってもらえます。大切な人へのギフトに贈りたい人には、高品質な素材を使用して作っており、依頼すると名入れもしてもらえます。夏場はお通夜や告別式などの葬儀に出席をする機会が増えますが、漆黒の落ち着いたデザインの扇子も販売されているので、一つ購入しておくと大変便利です。日常に使いやすい無地の商品や、伝統的な和柄の商品も揃っているので、気に入った商品を見つけやすくなっています。暑い時期はバッグに入れておくと大変重宝します。

日本で生まれ世界で育った扇子

扇子が初めて作られたのは日本で、奈良時代にはすでに存在していました。当時の扇は、薄い木の板をつなげて扇状にしたもので、主に宮中で男性が持ち歩いていました。これは檜扇と呼ばれ、文字を書いて記録する目的があったとされています。平安時代にもなると、木の骨に紙が貼られた、現在の扇子の原型が出来上がります。この頃の扇は片貼りで、反対側には木の骨が見えていました。また蝙蝠の羽のように見えることから、蝙蝠扇(かわほりせん)と呼ばれていました。その後扇は海を渡ります。両面貼りの扇が作られたのは中国でのこと。宋へ献上された日本の扇が、骨の本数を増やし両方の面に紙が貼られた唐扇となって、日本に戻ってきました。また、中国を通してヨーロッパへも広まります。ヨーロッパの社交界では絹を貼った扇がもてはやされましたが、その後絹の扇は日本へ逆輸入され、さらに工夫を重ねてまた再輸出されました。

通販でしか購入できない扇子があります

暑くなる季節が近づいてくると扇子を利用する方が増えてきます。種類は数えきれないくらい多くありますが、最近ではインターネットなどの通販でしか購入できない形、色、柄の物が出てきています。ネット通販の場合は見るだけでも楽しくなるくらい多くの種類が掲載されています。ほしくなってしまうような物が多くあります。申し込みをすれば、ほとんどの商品が翌日には届きますのでとても便利です。扇子はプレゼントなどで差し上げても喜んで貰える物です。男性も女性もほとんどの方が夏の暑い季節になると持ち歩いていますので、プレゼントするにも最高の物です。ネット通販では全国で作られた物が掲載されていますので、わざわざそこの土地に行って購入する事をしなくても大丈夫なのでとても便利です。最近では若い世代の方々も購入しやすくなっているので持ち歩いている方が増えてきています。